公益財団法人日本ビフィズス菌センター/腸内細菌学会 Japan Bifidus Foundation(JBF)/Intestinal Microbiology

腸内細菌学会


PAGE
TOP

第19回腸内細菌学会

終了いたしました。多数のご参加ありがとうございました。

大会テーマ
『腸内細菌の多様な機能と宿主とのインターラクション
―機能研究から、そのメカニズム解明へ―』

簡易プログラム演題募集要項ダウンロード

日時 平成27年6月18日(木)~19日(金)
会場 北里大学「コンベンションホール」
東京都港区白金5-9-1
大会長 五十君 靜信(国立医薬品食品衛生研究所)
副大会長 岡田信彦(北里大学)
事前参加費 事前参加登録について PDF
受付期間:2015年3月2日~5月15日(入金終了)
  • 会員:6,000円
  • 一般:8,000円
  • 学生:1,500円
当日参加費
  • 会員:8,000円
  • 一般:10,000円
  • 学生:2,000円
予稿集 会員・学生には無料配布。
当日販売あり。(1,000円)
懇親会 事前登録参加費:会員・一般 5,000円、学生 2,000円
当日参加:会員・一般 7,000円、学生 3,000円
懇親会のみのご参加はできませんのでご了承ください。
お問い合わせ 公益財団法人 日本ビフィズス菌センター事務局
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-24-12
TEL:03-5319-2669 FAX:03-5978-4068
e-mail:jbf(at)ipec-pub.co.jp ※メール送信時は(at)を@に変えてお送りください。

プログラムなど、詳細が決まり次第随時更新いたします。

学会スケジュール(予定)

第1日 6月18日(木)

9:30 ~ 9:40 開会の挨拶
大会長 五十君靜信(国立医薬品食品衛生研究所)
9:40 ~ 11:00 一般演題A(口演7分、質疑3分)
一般演題A1~8
11:00 ~ 11:10 休憩
11:10 ~ 12:30 一般演題A(口演7分、質疑3分)
一般演題A9~16
12:30 ~ 13:30 昼食
13:30 ~ 14:30 海外特別講演

座長 五十君靜信
(国立医薬品食品衛生研究所)

“Genomic views of prebiotic and probiotic mechanisms that impact health”
Todd R. Klaenhammer(North Carolina State University)
14:30 ~ 14:40 休憩
14:40 ~ 14:50 日本ビフィズス菌センター研究奨励賞授賞式
14:50 ~ 15:15 受賞講演

座長 神谷 茂(杏林大学)

「乳酸菌産生多糖体,ヨーグルトの免疫賦活作用に関する研究」
Immunostimulatory Effects of Yogurt Fermented with Lactobacillus delbrueckii ssp. bulgaricus OLL1073R-1 and its EPS
牧野聖也((株)明治 食機能科学研究所)
15:15 ~ 16:45 シンポジウム1「腸内細菌の多様な機能」

座長 大澤 朗(神戸大学)
岡田信彦(北里大学)

  1. 最新のハダカデバネズミ研究と腸内細菌叢
    Current Research Information of the Naked Mole Rat and its Intestinal Microbiota
    森田英利(麻布大学)
  2. アジア人の食と腸内細菌と健康に関するマルチコホート研究
    Metabolomic Approach for Elucidating the Relationship between Intestinal Microbiota and Host Health
    中山二郎(九州大学)
  3. Lactococcus lactis JCM5805の免疫調節能に関する研究
    Studies on Immunomodulatory Function of Lactococcus lactis JCM5805
    藤原大介(キリン(株))
16:45 ~ 16:55 休憩
16:55 ~ 17:55
  1. シンバイオティクスによる感染制御
    Infection-control Intervention by Synbiotics
    朝原 崇((株)ヤクルト本社)
  2. プロバイオティクスによる経口免疫寛容誘導の強化
    戸塚 護(東京大学)
18:30 ~ 20:00 懇親会(会場:北里大学内)
皆様奮ってご参加ください。

第2日 6月19日(金)

9:00 ~ 10:30 一般演題B(口演12分、質疑3分)
一般演題B1~6
10:30 ~ 10:40 休憩
10:40 ~ 12:10 一般演題B(口演12分、質疑3分)
一般演題B7~12
12:10 ~ 13:10 昼食
13:10 ~ 14:10 国内特別講演

座長 大草敏史(東京慈恵会医科大学)

腸管免疫:共生と排除の世界
The Intestinal Immune System for Symbiosis and Exclusion

清野 宏(東京大学)
14:10 ~ 14:20 休憩
14:20 ~ 15:50 シンポジウム2「腸内細菌と宿主とのインターラクション」

座長 長谷耕二(慶應義塾大学
細野 朗(日本大学)

  1. コール酸摂取ラットにおける脂肪肝の発症と腸内細菌叢変動との関連性
    Fatty liver development in cholic acid-fed rats and its relation to altered gut microbiota composition
    横田 篤(北海道大学)
  2. Paneth細胞と腸内細菌のクロストークからみた疾病
    Paneth Cell and Enteric Microbiota Interactions in Health and Disease
    綾部時芳(北海道大学)
  3. 免疫グロブリンAを介したFoxp3+T細胞による腸内細菌制御
    The regulation of gut microbiota by Foxp3+ T cells and IgA
    河本新平((独)理化学研究所)
15:50 ~ 16:00 休憩
16:00 ~ 17:00
  1. 肥満とがん:腸内細菌の関与について
    Obesity and Cancer: The Role of Gut Microbiota
    原 英二((公財)がん研究会)
  2. 腸内細菌叢由来代謝物による生体修飾機構
    Gut Microbiota-derived Metabolites Shape Host Physiological Homeostasis
    福田真嗣(慶應義塾大学)
17:00 ~ 17:10 閉会の辞