公益財団法人日本ビフィズス菌センター/腸内細菌学会 Japan Bifidus Foundation(JBF)/Intestinal Microbiology

Dr Tissier’s Medal

H.Tissier博士のメダル

H.Tissier博士のメダル

H.Tissier博士は1899年に母乳栄養児の糞便からビフィズス菌を始めて分離された。1900年には「乳児腸内細菌叢-正常と疾病-」と題する著書で本菌について詳述し、また、腸の不調を訴えた友人・縁者にビフィズス菌を使った培養液を処方し、治療された。Tissier博士はビフィズス菌をプロバイオティクスとして始めて使用した医師でもある。

内なる環境としての腸内菌叢にかかわる研究の支援を活動の目的にしている本財団では、Tissier博士の功績とその先見性に敬意を表し、また、本財団の活動に貢献された方々にはその業績を称え、同博士のメダルを差し上げることとした。

本メダルの原作者は、Tissier博士の友人であり、フランスの著名な彫刻家でもあったH. Bouchard氏である。Tissier博士の肖像を銅版で造り、子息F. Bouchard氏に残された。同氏は心臓病学者であったが、父の影響を受け、彫刻への関心も高かった。

本財団の初代理事長であった本間 道博士は1987年にフランスを訪問したとき、偶然にF. Bouchard 博士に会い、Tissier博士とBouchard家の親交を知った。その際、初代理事長はTissier博士の肖像を(公財)日本ビフィズス菌センターの宝物とすることを考えつき、F. Bouchard博士もその要望に応えてTissier博士の肖像をメダルとして復刻し、1987年末に当財団に届けられた。1988年以降、本メダルは上記の主旨で財団の活動に貢献された方々に差し上げている。