公益財団法人日本ビフィズス菌センター/腸内細菌学会 Japan Bifidus Foundation(JBF)/Intestinal Microbiology

Dr Tissier’s Medal

H.Tissier博士のメダル

H.Tissier博士のメダル

H.Tissier博士は1899年に母乳栄養児の糞便からビフィズス菌を始めて分離された。1900年には「乳児腸内細菌叢-正常と疾病-」と題する著書で本菌について詳述し、また、腸の不調を訴えた友人・縁者にビフィズス菌を使った培養液を処方し、治療された。Tissier博士はビフィズス菌をプロバイオティクスとして始めて使用した医師でもある。

内なる環境としての腸内菌叢にかかわる研究の支援を活動の目的にしている本財団では、Tissier博士の功績とその先見性に敬意を表し、また、本財団の活動に貢献された方々にはその業績を称え、同博士のメダルを差し上げることとした。

本メダルの原作者は、Tissier博士の友人であり、フランスの著名な彫刻家でもあったH. Bouchard氏である。Tissier博士の肖像を銅版で造り、子息F. Bouchard氏に残された。同氏は心臓病学者であったが、父の影響を受け、彫刻への関心も高かった。

本財団の初代理事長であった本間 道博士は1987年にフランスを訪問したとき、偶然にF. Bouchard 博士に会い、Tissier博士とBouchard家の親交を知った。その際、初代理事長はTissier博士の肖像を(公財)日本ビフィズス菌センターの宝物とすることを考えつき、F. Bouchard博士もその要望に応えてTissier博士の肖像をメダルとして復刻し、1987年末に当財団に届けられた。1988年以降、本メダルは上記の主旨で財団の活動に貢献された方々に差し上げている。

腸内細菌学会 特別講演におけるティシェメダル被贈呈者一覧

被贈呈者 所属(当時)
1998年6月 日比 紀文 慶應義塾大学医学部内科学
2000年6月 矢田 純一 東京医科歯科大学小児科
山口 英世 帝京大学医真菌研究センター
2002年5月 石川 博通 慶應義塾大学医学部微生物学・免疫学教室
2003年6月 名倉 宏 仙台社会保険病院・病理部
2004年6月 Koen Venema TNO Nutrition & Food Research, The Netherlands
白川 太郎 京都大学大学院医学研究科健康増進・行動学分野
福土 審 東北大学大学院医学系研究科人間行動学分野
2005年5月 Vassilia Theodorou INRA, Toulouse, France
Jan Kok Groningen Univ., The Netherlands
Stephanie Blum Nestle Research Center, Switzerland
五十君 靜信 国立医薬品食品衛生研究所
2006年6月 石坂 公成 ラホイヤ・アレルギー免疫研究所名誉所長、日本学士院会員
Elaine E. Vaughan Wagenningen University, Unilever R&D, The Netherlands
猪原 直弘 University of Michigan Medical School, Department of Pathology, USA
2007年6月 R. Balfour Sartor University of North Carolina, USA
Philippe J. Sansonetti Unite de Pathogenie, Microbienne, Moleculaire, Institut Pasteur, France
山城 雄一郎 順天堂大学小児科
2008年6月 Fang Yan Vanderbilt University School of Medicine, USA
Silvia Resta-Lenert University of California San Diego, USA
2009年6月 Andrew S. Neish Department of Pathology, Emory University School of Medicine, USA
藤田 恒夫 新潟大学名誉教授
2010年6月 本庶 佑 京都大学大学院医学研究科寄付講座客員教授、
内閣府総合科学技術会議議員
2011年6月 審良 静男 大阪大学フロンティア研究センター施設長
Justin L. Sonnenburg Stanford University School of Medicine, USA
2012年6月 Richard S. Blumberg Harvard Medical School, USA
2013年6月 中村 信一 金沢大学 学長
George T. Macfarlane University of Dundee, UK
2014年6月 渡辺 守 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科消化器病態学
Peer Bork EMBL Heidelberg, Germany
2015年6月 Todd R. Klaenhammer North Carolina State University, USA
清野 宏 東京大学医科学研究所
2016年6月 Satchidananda Panda Salk Institute for Biological Studies, USA
Els van Nood Harbor Hospital, Rotterdam, The Netherlands
須藤 信行 九州大学大学院医学研究院心身医学
2017年6月 Christian Jobin University of Florida, USA
高井 研 海洋研究開発機構(JAMSTEC) 深海・地殻内生物圏研究分野
2018年5月 Mahesh S. Desai Luxembourg Institute of Health, Luxembourg