公益財団法人日本ビフィズス菌センター/腸内細菌学会 Japan Bifidus Foundation(JBF)/Intestinal Microbiology

よくある質問


PAGE
TOP

ビフィズス菌はO157に効果がありますか?

Question

ビフィズス菌はO157に効果がありますか?

Answer

O157が口から入り発症するまでには多くのバリヤーがあります。1つに胃酸により殺すことができるか。O157は胃酸に強いのでこれは期待できません。2つにすでに腸内に定着している腸内フローラによる拮抗作用でO157を排除できるか。3つに腸管粘膜上皮にO157が付着して腸内で増殖することを防げるか。4つにO157が増殖した時に毒素の産生を抑えることができるか。5つにその毒素が腸管から吸収されて脳や腎臓にダメージを与えることを防げるかです。ビフィズス菌は腸内フローラを健康な状態に維持する働きがあり、口から入ったO157を排除する力を強化できます。また、腸内でO157が増えた時に毒素の産生を抑え、産生された毒素が腸管から吸収されるのを抑えて重篤な症状となることを防いでくれます。上記2、4、5のメカニズムに関係していると考えられます。しかし、最も重要なのは2の腸内フローラを健康な状態に維持することで口から入ったO157を腸内で増やすことなく排除する力でしょう。O157の腸内定着や発症が乳幼児、高齢者で多いのは腸内フローラのバリヤー機能が十分でないためと考えられます。